姫路の、初夏のおいしい~サワラ~[2016]

初夏の姫路のうまいもんといえば、サワラ。春の魚として知られていますが、姫路平野の南に位置する播磨灘では、サワラ漁の解禁は5月上旬。春の播磨灘ではイカナゴ漁が盛んで、サワラ漁のはじまりが他の地域より遅いため、瀬戸内海のあちこちから播磨灘へ逃げ込んだサワラはイカナゴを食べてすくすくと育ち、中には体長が1mを超えるものも。サワラの身はやわらかくて傷みやすいため、切り身を西京味噌に漬けた「西京漬」が有名ですが、実は刺身やしゃぶしゃぶ、天ぷらが美味。5月に姫路へお越しの際はぜひ、サワラ料理をご賞味ください。