お城を見ながら、お酒が飲める!「第34回 姫路城観月会」

世界遺産・姫路城を眺めながらお酒が飲める…夢のようなお祭りが9月に開催されるのを、ご存じですか?
四季の移り変わりが美しい日本では、自然への愛情や憧れを季節の行事や風習に取り入れてきました。そのひとつが、秋の月見。月を愛でる宴の起源は、約1200年前に当時の天皇が月を見ながら歌を詠む会を開いたことだと言われ、昔の日本の貴族は月を直接見るのではなく、杯のお酒に写った月を鑑賞していたのだとか。現在は月を見ながらお酒を飲むのが主流で、この観月会でも、おいしいお酒がたくさんある播磨地域の地酒、お茶、月見だんご、弁当、揚げかまぼこ、姫路おでんが手ごろな価格で味わえます。日本の情緒あふれる月見酒を楽しみに、夜の姫路城へお出かけください。

●第34回 姫路城観月会
日時 2016年9月15日(木)18:00〜21:00
※雨天の場合は、翌日16日(金)に延期
場所 姫路城三の丸広場
参加費 無料(飲食は有料)