姫路城の近くで見られる秋祭り②「播磨国総社の霜月大祭」

11月13日(日)~16日(水)は、姫路城から徒歩約10分のところにある「播磨国総社」の「霜月大祭」。播磨エリアで行われる秋祭りのフィナーレを飾ります。メインイベントは16日の神輿(みこし)の渡御(とぎょ)。大神輿と子どもたちが曳く6基の小神輿が勢ぞろいした後に町へ散らばり、2016年は大神輿が姫路城の前を渡御します。播磨国総社の霜月大祭は、姫路の他の地域で見られるような屋台をかつぐ激しいスタイルではなく、しずしずと神輿を曳いていく、日本の中世の祭りを色濃く残しているのが特長です。

播磨国総社の霜月大祭
◎2016年11月13日(日)~16日(水)
◎播磨国総社 射楯兵主神社(はりまのくにそうしゃ いたてひょうずじんじゃ)/姫路市総社本町190

★16日(水):「神輿の渡御」タイムスケジュール
8:00…大神輿と小神輿が門前に集結。
9:00…小神輿が出発、町内を巡幸。
10:00…大神輿が出発、西二階町の入口で小神輿と合流して西二階町をパレード。
12:30…白鷺小学校を出発して、西二階町をパレード。
(注意:時間は目安です)