悪霊をはらい、福を招く!総社の節分祭

毎年2月3日の15:00すぎから、播磨国総社では豆まきがおこなわれます。
豆まきとは、煎って邪気をはらった福豆(大豆)をまいて疫病や災いをもたらす鬼などの悪霊を追いはらい、福を招き入れる「節分祭」の厄除け儀式のこと。
神社や寺院だけでなく、家庭でも行われます。
当日は播磨国総社の境内に大勢の人が集まり、福男や福女による福豆・福餅まきが執り行われ、人々は袋入りの豆や餅を奪い合います。
日本では、年齢の数だけ福豆を食べると「1年間、健康で幸せにすごせる」と言われています。

播磨国総社 節分祭
◎日時 毎年2月3日15:00すぎから
◎場所 播磨国総社(姫路市総社本町190)
◎姫路駅から徒歩約15分
http://sohsha.jp/