野菜たっぷりのライスヌードル

今回おすすめしたいのは、2017年2月に移転オープンした「馳走ぜん」のライスヌードル!米粉の麺を使用したラーメンで、地元産を中心とした新鮮野菜がたっぷり入っています。つるつる、もちもちした食感の麺の上には酢漬けの角切り野菜が、麺の下からはシャキシャキのもやしとニラが顔を出します。ラーメンなのに野菜がたくさん食べられて、お腹いっぱいになれるなんて、幸せですよね。

姫路駅から姫路城に向かって、徒歩約10分。大手前通りから西へのびる西二階町商店街の真ん中あたりにお店があります。目印は、一枚板の 大きな看板!ラーメン食べたい、野菜もとらなきゃ…と思っているあなた、「馳走ぜん」ならどちらも満たしてくれますよ!

馳走ぜん
◎住所 姫路市西二階町103
◎TEL 079-280-6378
◎営業時間 12:00〜14:00(ラストオーダー13:45)、 18:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)
◎定休日 月曜、月1回不定休

(取材担当:兵庫県立大学環境人間学部3回生 橋本英司)

行き方は、観光案内所へお問い合わせください。
■姫路市観光案内所
場所 姫路市駅前町210-2(JR姫路駅 中央コンコース北西側)
開館時間 9:00~19:00
休館日 12月29日・30日および施設点検日
TEL 079-287-0003

姫路の初夏の美味~サワラ~

初夏の姫路の味といえば、サワラ。春の魚として知られていますが、姫路平野の南に位置する播磨灘では、サワラ漁の解禁は5月上旬。播磨灘では春のイカナゴ漁が盛んに行われるため、サワラ漁のスタートが他の地域より遅く、瀬戸内海のあちこちから逃げ込んできたサワラがイカナゴを食べてすくすく育ち、中には体長1mを超えるものもいるのだとか。サワラの身はやわらかくて傷みやすいため、切り身を西京味噌に漬け込んだ「西京漬」が有名ですが、実は刺身やしゃぶしゃぶ、天ぷらがおすすめ。5月に姫路へお越しの際はぜひ、サワラ料理をご賞味ください。

(記事担当:カメラマン・姫路の歴史と観光のコンサルタント・カフェ& ワーキングスペース「姫路城下町ギルド」オーナー 芳賀一也)

お問い合わせは、観光案内所にて。
■姫路市観光案内所
場所 姫路市駅前町210-2(JR姫路駅 中央コンコース北西側)
開館時間 9:00~19:00
休館日 12月29日・30日および施設点検日
TEL 079-287-0003

心もあったまるラーメン屋「姫路 麺哲」

姫路駅から徒歩約7分、おみぞ筋商店街に洗練された外観のラーメン屋があります。この「姫路 麺哲」のいちおしは、姫路城を愛するオーナーが考案した「つけ麺 姫路」。天守閣は海苔で、城壁は麺で、石垣はチャーシューで表現されており、ひと目で姫路城だとわかります。スープは醤油、味噌、トマトの3種類。一番人気は定番の醤油味で、甘めのつけ汁に生姜を混ぜ込んだ肉団子が入っていて、あっさりした味わいです。味噌味には白菜と甘い揚げ、ホルモンが入っていて、こってりめ。女性に人気のトマト味はチーズがとろーり、シメのリゾットも絶品です。

さらにすばらしいのが、オーナーやスタッフのおもてなし!人が大好きで、出会いを大切にし、まっすぐに人と向き合うオーナーと、そんなオーナーのもとで働くスタッフの姿勢に心も体もあったかくなるのです。「また食べに行きたい、オーナーやスタッフのみなさんにもまた会いたい!」と心から願ってしまうラーメン屋。ほっと落ち着く、木のぬくもりを感じる店内にもご注目ください。
(取材担当:兵庫県立大学環境人間学部3回生 前田由里香 朱怡安)

姫路 麺哲
◎住所 兵庫県姫路市呉服町18
◎TEL 079-287-6909
◎営業時間 11:30-15:00 / 17:30-21:00
◎定休日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

かぶりつきたい、手みやげにもいい焼きたて鯛焼き

大手前通りを西へ曲がり、西二階町商店街を歩いていくと甘い匂いがふわり。その先にある「鯛焼本舗 遊示堂」では、おいしそうな鯛焼が目の前で焼かれています。看板メニューは、つぶあん入りの鯛焼き。30分以上、手間ひまかけて焼かれた薄い生地はパリパリした食感で、一口食べると、あつあつのあんがとろっと出てきます。頭からしっぽまでぎっしり詰まったあんは甘すぎず、あっさりとした味わい。

待たないと食べられない時もありますが、それでも食べたい、1つ食べたらもう1つほしくなる鯛焼き。おいしそうにかぶりつく写真をみんなで撮ってみるのも、おもしろいかもしれませんね!

鯛焼本舗 遊示堂本店 西二階町店
◎住所 姫路市西二階町14
◎TEL 079-289-8562
◎営業時間 10:00~19:00(完売しだい終了)
◎定休日 木曜日

(取材担当:兵庫県立大学環境人間学部3回生 前田由里香、西垣麻穂)

行き方は、観光案内所へお問い合わせください。
■姫路市観光案内所
場所 姫路市駅前町210-2(JR姫路駅 中央コンコース北西側)
開館時間 9:00~19:00
休館日 12月29日・30日および施設点検日
TEL 079-287-0003

酒米の王様「山田錦」を、最高級の日本酒「大吟醸」で

姫路は、お酒がおいしいことで有名です。なぜなら、姫路周辺が日本酒のコンテストで最高位を独占する酒米の王様「山田錦」の産地だから。そのほとんどが姫路のある兵庫県で栽培され、この地域で優先的に使われているのです。特におすすめなのは、酒米の中心部だけを磨きに磨いてつくられた大吟醸酒。姫路駅前の地下街にある、姫路の酒蔵「龍力」の直売店「タツリキショップ」では大吟醸酒をお得な価格で、立ち飲みスタイルで味わえます。おつまみとして、姫路のかまぼこメーカー「ハトヤ」製のかまぼこの販売も。姫路が誇る最高クラスの日本酒を、ぜひ楽しんでみてください。

タツリキショップ
◎住所 姫路市駅前町188-1 姫路地下街グランフェスタ2番街(B1F)
◎TEL 079-221-3562
◎営業時間 10:00~20:00

(記事担当:カメラマン・姫路の歴史と観光のコンサルタント・カフェ& ワーキングスペース「姫路城下町ギルド」オーナー 芳賀一也)

お問い合わせは、観光案内所まで。
■姫路市観光案内所
場所 姫路市駅前町210-2(JR姫路駅 中央コンコース北西側)
開館時間 9:00~19:00
休館日 12月29日・30日および施設点検日
TEL 079-287-0003

しゃぶしゃぶ、お寿司など約80種類のメニューが食べ放題!


日本で人気のしゃぶしゃぶはいかがですか?「かごの屋」なら、心も体もあたたまるしゃぶしゃぶが食べ放題!料金を追加すると、アルコールを含むドリンクを飲み放題にすることができます!

今回おすすめしたいのは、上撰牛しゃぶしゃぶプレミアムコース。お寿司、串揚げ、ゆで枝豆などおよそ80種類の料理が食べ放題!日本の四季に合わせた季節料理も要チェックです。お店は姫路城から徒歩約10分のところにあり、年中無休で営業中。簡易版の英語、中国語、韓国語のメニューが設置されているのも、うれしいポイントです。なお、平日昼間は食べ放題を実施しておらず、定食メニューのみ。くれぐれもご注意ください。

※予算平均 3,000円〜5,000円
※制限時間 120分(ラストオーダーは30分前)
※注文は、日本語タッチパネルにて。メニュー表と照らし合わせながら、ご利用ください。

(取材担当:兵庫県立大学環境人間学部3回生 西垣麻穂)

和食・しゃぶしゃぶ かごの屋 姫路市民会館前店
◎住所 姫路市本町68-71
◎TEL 079-225-8880
◎営業時間 平日 11:00~15:00 、17:00~22:30
土日祝 11:00~22:30
◎定休日 年中無休

メレンゲたっぷり、ふわっふわのパンケーキ

目印はサーフボード、細い階段をのぼった先にある南国風のゆったりした雰囲気が漂うハワイアンレストラン「ロコズダイナー」。いちおしはメレンゲをたっぷり含んだパンケーキで、口に入れるとシュワっととろけます。

中でも外国人観光客に人気が高いのは、ブルーベリー&サワークリーム味。ブルーベリーが練りこまれた生地の上にブルーベリーの実をトッピング、サワークリームのほどよい酸味と甘さひかえめのメープルシロップが全体のバランスを整えています。メレンゲと生地は混ざりにくいため、ふわふわの生地は試行錯誤の末に実現できたものなのだそう。シナモンバナナやナッツ&ホイップなど、他にも様々な味が選べます。お店は、姫路駅と姫路城を結ぶ大手前通りから2本東の、おみぞ筋商店街にありますよ。

(取材:兵庫県立大学環境人間学部3回生 朱 怡安・前田由里香)

ロコズダイナー
住所…姫路市呉服町19 えびすやビル
営業時間…平日 11:00~15:00 、18:00~23:00
土日祝 11:00~15:00、18:00~22:00
定休日…月曜(祝日の場合は翌日)
TEL…079-280-3415

ひとり旅の晩ごはんに!「焼き鳥きむら」

「地元の人たちが通うお店で食べたいな」「でも、ひとり旅だから心細い…」そんな旅行者にぴったり。

姫路駅と姫路城の間の、本町商店街にあるこぢんまりとしたお店はいつも常連客でにぎわっています。
すべてのメニューが朝びきの但馬鶏にこだわっており、若鶏の骨付きもも焼きをはじめ、売り切れごめんの肝刺し、鶏刺しは大人気!焼き鳥串が1本130円〜というお値打ち価格で財布にやさしいだけでなく、ママに癒されたいとやって来るサラリーマンが後を絶ちません。
「母が続けていたお店を、閉めるのはもったいないと思って」と6年前に引き継いだという千秋ママの明るい笑い声が、異国でのひとりの夜を照らしてくれます。

●焼き鳥きむら
姫路市本町68 本町商店街内
営業時間 17:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日 日・祝日
TEL 079-282-3881

老舗和菓子店で、アーモンドトースト!

姫路の朝といえば、アーモンドトースト。ボリュームもコストパフォーマンスも、共にイチオシなのが「杵屋」のモーニングセット。甘さひかえめのアーモンドトーストにゆで卵とミニサラダが付いて、コーヒーか紅茶を選べて400円!パンはプレーンなトーストか、サンドイッチも選択できます。
明治44(1911)年に創業。姫路市内にケーキ店、喫茶店、レストランなど11店舗をかまえる「杵屋」は、姫路駅から姫路城へ向かって徒歩約10分の二階町商店街に本店が。店頭にずらりと並んだ和菓子が目印で、奥に進むと昭和テイストあふれる喫茶店が姿を現します。アーケードがあるので雨に濡れることもなく、年中無休なのも旅人にはうれしいポイントです。

杵屋 二階町本店
姫路市二階町95
営業時間 7:30~19:00
定休日 無休
TEL 079-285-3509

ふわっふわのパンケーキは、いかが?「Café Rei/カフェ レイ」

山陽電車 姫路駅から西へ徒歩約3分、路地裏にある「Café Rei」は、女子が思わず歓声を上げるイタリアンカフェ。

パステルカラーの壁をはじめ、絵本の中にいるような雰囲気の店内は、オーナーシェフの趣味。パティシエとして10年活躍するうちに、ディスプレイがどんどん好きになったのだそうです。

ランチやディナーなどフードメニューも充実していますが、おすすめはスフレみたいなパンケーキ。ピスタチオベースのクリームに、チョコアイスとフランボワーズを組み合わせたパンケーキ「シシリー」の他、レアチーズクリームにバニラアイス、ベリージャムがトッピングされた季節限定の「ルージュ」もおすすめ。

パンケーキのオーダーは15:00以降、「時間をかけて焼き上げるので、時間に余裕をもってお越しください!」とのことです。

●Café Rei/カフェ レイ
姫路市忍町12
営業時間 ランチ 11:00~15:00(ラストオーダー 14:30)、ディナー 18:00~23:00(ラストオーダー 22:30)
定休日 水曜
TEL 079-227-6361